FK7「センターキャップ」

 

シビックハッチバックに取り付けたパーツです。

 

 

「センターキャップ」です。

f:id:snoopy_19780403:20200313063114j:image

通販で購入した、RhinoTuningのものです。

汎用品ですかね。

※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

今回購入後したセンターキャップを取り付けるホイールは、

↑このホイール。

YOKOHAMAのADVAN Racing RZです。

以前のブログで色が少し赤かったなとは書きましたが、理由はそれではなく...

 

センターキャップが当たってたからです。
f:id:snoopy_19780403:20200314174021j:image

外した裏側の写真です。(フロント側)

 

リアは、問題大丈夫。
f:id:snoopy_19780403:20200314174101j:image

後もついてません。

 

去年、ホイール替えてしばらくは気づきませんでしたが、たまたまセンターキャップの真ん中の部分が浮いているの見つけました。(取り付け部分ではなく、丸いパーツの部分)その時はフロントの運転席側だけで、助手席側は浮きはありませんでした。

ホイールを外すのは面倒だったのでとりあえず放置...

 

センターキャップを購入するとき、ショップでフルフラットはNG。フラットなら大丈夫の確認をとってもらいましたが、実際はダメだったようです。

ただ、助手席側は、当たった跡はあるけど、浮きまでは発生してないことから、誤差が原因なのなのかと思います。(車の誤差か、ホイールの誤差かは不明。1mmあるかないか程度の誤差かな!?)

 

外した後ですが、少し浮いているのがわかるかな。
f:id:snoopy_19780403:20200314185034j:image

左は問題ないなし。右の矢印部分が少しも浮いています。(両面テープが剥がれて浮いています。)上から押さえれば元に戻りました。(粘着は弱くなってしまっているので、ちゃんとつけ直した方がいいかな...)

 

 

冬になりスタッドレスに交換し、その間に何か対策することにしました。

どうしようか考えて、

「新しい専用品を買う」は、高すぎるので却下。(オークションとかも探したけど、欲しいのは出てこない)

次に「今のを対策する」は、両面テープで止まっているところを剥がして、上げ底しようかと思いましたが面倒で却下。

後から思い付きましたが「ホイールスペーサーを入れる」でも大丈夫そうですが、個人的にスペーサーは嫌なのと、ホイールがはみ出す可能性もあるから思い付いててもやらなかったです。

で、最終的に「汎用品のセンターキャップ」になりました。

 

 

 

 

 

作業です。

①まずは今のセンターキャップのサイズを確認です。
f:id:snoopy_19780403:20200316081638j:image

※写真はメーカーHPより拝借。

メーカーHPより「内径は73mm、キャップ内有効高さ約2mm」の表記がありました。内径はサイズも書いてあって、間違えてないか自分でも実測してこの寸法で大丈夫かも確認しました。

 

 

 

②次にこのサイズに合うセンターキャップを探します。

ですが内径73mmはほとんど無く、
f:id:snoopy_19780403:20200316081918j:image

トップの画像と同じこれを購入しました。

説明には「4個外径79mm内径73mmブラックカーホイールハブセンターキャップ RZ DF Racing Superforgiata Ronal Penta S300 ML350 W230-C230 CLS55AMG W210-E240 W220-S320」の表記がありました。

もう一種類ありましたが、後で少し加工(色を替える)をしようと思ったときこっちの方が楽そうなのと、説明にRZの表記が合ったのと、サンプル画像にRZのホイールに装着しているイメージがあったので、取り付けは問題ないだろうとこっちにしました。

 

 

 

③商品が到着したらまずは仮合わせ。f:id:snoopy_19780403:20200313063449j:image

問題なさそうです。

※今までのを外すのが最初は結構大変でした。手で裏から押してもびくともせず、最終的には布を当てて、棒(角材)を当てて、トンカチで叩いて外しました。(落下防止のため接着剤みたいので止まっていましたが、それがなくても結構硬くはまります。)

※今回購入したのもしっかりはまりますが、比べると外しやすいです。

 

 

 

④少し加工します。

加工と言ってもホイールに合わせて、金系のシートを貼りました。
f:id:snoopy_19780403:20200313063521j:image

左は溝の下まで。右は溝の上まで。

手間なく貼るには溝の上までの方が楽だったので、右側の溝の上までにしました。(本当に全面に貼りたかったですが、キレイに貼れる気がしなかったので、やめときました。)

 

 

 

⑤完成です。
f:id:snoopy_19780403:20200313063640j:image

ホイールの色とシートの色が合っていないように見えるけど...

 

外で見たら、
f:id:snoopy_19780403:20200313063845j:image

結構近しい色で、思ったよりいい感じかなと。

 

 

 

 

 

作業時間は20分程度でした。(ただしホイールは外してあり、センターキャップの交換のみで。)

今までのキャップを外すのに最初は苦戦して5分位(外し方がわかれば1分です)、シートを2パターン貼ってどちらにするか迷うので10分、決めたらシートを残りに貼って、ホイールにはめるので5分ってな感じ。

※この後、スタッドレスから夏タイヤに履き替えました。

 

 

 

高いオプションだったので、何かしら対策したらまた元に戻すかも知れませんが、しばらくはこのままかな。

オプション品と比べると、安っぽいですが、自分的には値段の割には満足度は高かったです。

今さらですが、オプションは購入しないでこの汎用品ならもう1万は安く買えたかな...。

 

 

 

少し離れた全体の写真。
f:id:snoopy_19780403:20200313063903j:image

夜なので少し暗いですが...

 

 

 

 

ラクマを使ってみて

 

今更ながらフリマアプリのラクマを使ってみて思ったことを書きたいと思います。

※自分が感じたことなので参考程度に...。

 


f:id:snoopy_19780403:20200124074702j:image

 

 

まず、フリマアプリを始めるきっかけは、これ↓

バッファロー無線LANの新品が手元にあったから。リサイクルショップに持っていってもよかったんですが、個人売買の方が高く売れるかと思ったからです。

 

 

次に、どこで売りに出すかです。

オークションだと、ヤフオク

フリマアプリだと、メルカリが有名です。

ラクマも最近は知名度を伸ばしてきてるかと思います。

それぞれ長所短所があるかと思いますが、(詳しく書いている方がいるのでそちらを参考にしてください)自分がラクマを選んだのは、登録が楽だからです。

1からだとどれも変わらないかとは思うのですが、普段の通販はほぼ楽天を使っているのと、少し前に楽天ペイを使いだしたこともあり、売上金の受け取りが楽天キャッシュに簡単に移行できるからです。

ということで、ラクマを使うことにしました。

 

 

 

で、無線LANを初めて出品。

値段は、同じものがあったのでそれを参考に。

結果、最初に出した金額で購入していただけました。

(しばらく売れなかったら、値下げしようかなと思っていたので、売りたい金額で売れてよかったです。)

 

 

 

その後も使わなくなったものを何点か出品して、何回か取引を行いました。

そこで感じたのは、結構楽しいなと。

普通のリサイクルショップに持っていっても金額のつかないものが、ラクマなら買い手がいると金額かつくので、楽しくなっちゃいました。

 

 

 

でもその反面、発送が面倒だなと。

自分でしっかりと梱包して、少しでも安く送れるように小さくして(規定サイズに収まるようにして)の作業がなれるまでは結構時間がかかりました。(仕事柄少しはなれてる方ですが、小さくするのに手間取りました。)送料を出品者負担にしてるので、小さく送れれば、その分自分の手取りが増えるので一生懸命です。

ゆうパケットで送ることが多く、厚さが30mm以下なのでこれに納めるのに最初は苦労しました。(きれいに梱包すると越えてしまうので、保護されつつ小さくするのがなれるまでは大変でした。)

途中から100円ショップで売ってるコレ↓

f:id:snoopy_19780403:20200130224232j:image

を購入して、非常に便利に使ってます。(今まで定規を当てながら何となくで測っていたのが確実におさままっていることがわかるので安心して送ることができます。)

梱包は、一発でサイズ内にキレイにできれば、達成感がありますね。(実際に購入して頂いた方から、綺麗な梱包と言われると嬉しいですね。)

 

後は、発送するのに持っていくのが面倒ですかね。基本コンビニなので、何かのついでだったらいいのですが、せっかく購入して頂いたので、少しでも早く送りたいと思いますし、発送前に何かあったらと思うと(普通に置いているので何もないとは思いますが...)早めに出さなきゃと少し焦ったりしちゃいます。

※すぐに送れないかもしれないので、支払い後4~7日で発送としてますが、やっぱり落ち着かないですね。

 

 

 

そして、金額の設定は難しいです。

自分が売りたいと思う値段ではまず売れません。もし自分が買うなら...を考えての値段設定が丁度いい感じだと思います。(当たり前ですが...)

中には少し高いかなと思っても、送料を考えてこれくらいかなで出品したものがすぐに売れたり、安いつもりでも全然売れない物も合ったりで、物の価値観は人それぞれなので分かりません。

 

 

以前のブログで書いたコレ↓も出品中ですが、

シートカバーも全然ダメですね...。最初は自分の売りたい値段で出したのですが、もし買うならを考えて当初の半額以下まで値下げしましたが、かなり限定的で、他にいいものが売ってたりするので(通販で、専用品が買えるので)ダメなんだと思います。

送料を考えると結構ギリギリの値段まで下げているので売れてほしいですが...。後は、置き場を考えて破格値で出してみるか...。でもそれなら、このカバーをカットして他のものに使ってもいいかなと思ってたりもしてますが、もったいないなといろいろ迷ってます。

 

 

逆に高いかなと思っても、

この↑アタッチメントは、すぐに売れちゃいました。(板無しのアタッチメントだけです。)これもかなりレアな商品でしたが、今は他で売ってなく買うことが出来ない物なので売れたんだと思います。(私が以前に購入した金額に比べてもかなりお得感もあったと思います。購入して頂いた方も喜んでいただけました。)

 

 

また、たまたまなのかもしれませんが、ラクマがキャンペーン(100円引きクーポンなどの配布)をしているときの方が、よく売れるような気がします。

※1,000円前後の出品が多いので、それの100円引きは大きいのかと!?

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、これからもおこづかい稼ぎのためチョコチョコ出品はしたいと思っています。

※このブログの名前と同じ名前で出品しているので、よかったら見てください。

 

 

 

以上。自分が感じたことでした。

 

 

 

FK7「給油口の濡れ対策」

 

シビックハッチバックを洗車後に吹き上げていると、給油口の蓋を開けた部分が濡れるのが気になったので対策してみました。

※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

最近みんカラを見ていると、同じ様に濡れるのを気になっている人がいて、(濡れると言うか、給油口に水が入るのを気にしてですかね)北米ホンダ純正のフューエルキャップカバーを付けていて、いいな~と思ったりもしますが、値段が高い...!

 

でも、よくよく考えれば水が入らなければ濡れないので、水が入らないように対策してみることにしました。

 

で、準備したのはコレです。
f:id:snoopy_19780403:20200202152819j:image

左が100円ショップ。右がホームセンター。

 

 

実は以前のこの時↓

ありもので適当に対策して失敗したのでリベンジでもあります。

 

 

 

作業の前に、現状把握です。

①水をかけてみます。

f:id:snoopy_19780403:20200202152902j:image

本当は洗車後に写真を撮ったつもりが撮れてなくて、もう一度濡らしてます...

 

 

②濡れ具合はこんな感じ
f:id:snoopy_19780403:20200202152922j:image

↑給油口側

↓蓋側

f:id:snoopy_19780403:20200202152936j:image

結構濡れてますね。

 

 

 

 

 

では、対策の作業です。

①100円ショップで買ったクッションテープです。
f:id:snoopy_19780403:20200202152957j:image

幅約10mm、厚さ約3mmです。

 

 

 

②写真の様に
f:id:snoopy_19780403:20200202153218j:image

上の部分にプラスして、黄色い部分にも貼ってみました。下の方は水抜けを考えて全体はやめておきました。

貼り終わったのがこんな感じ
f:id:snoopy_19780403:20200203204821j:image

一部は幅を半分にして貼ってます。

 

 

③水をかけて、蓋を開けると...
f:id:snoopy_19780403:20200202153232j:image

無いときと比べるとだいぶ濡れなくなりました。(下の方は濡れてますが、上の方がだいぶ濡れなくなりました。)

 

これで完成の予定でしたが...

100円ショップのクッションテープでは、耐久性が少し心配だったので、翌日ホームセンターへ行く予定があったので...

 

 

 

④切り売りのクッションテープを購入しました。
f:id:snoopy_19780403:20200202153248j:image

幅は20mmない位、厚さは約3~4mm位。これを50cm買いました。(1mで350円位の商品です。)

幅が20mmだと太すぎるので使う分は、半分にしました。

 

 

 

⑤それを貼り付けます。
f:id:snoopy_19780403:20200202153346j:image

基本は100円ショップのと同じようにですが、蓋の当たり具合をみて、左上は少し変えてみました。

 

 

 

⑥更に蓋側にも
f:id:snoopy_19780403:20200202153401j:image

上側だけ貼ります。

 

 

 

⑦再度、水をかけてチェックです。
f:id:snoopy_19780403:20200202152902j:image

シャワーの写真は使い回し...

 

 

 

⑧結果は...
f:id:snoopy_19780403:20200202153456j:image

↑給油口側

↓蓋側
f:id:snoopy_19780403:20200202153513j:image

100円ショップのクッションテープとあまり変わらずで、下の方は濡れてますが、上の方がだいぶ濡れなくなりました。

蓋側も水滴が減ったかと思います。(100円ショップの時の蓋側の写真は撮り忘れてました。)

 

 

 

 

 

作業時間は、15分程度×2回でした。

ささっと作業を終わらせれば5分あれば終わるかと。(水滴を拭きながら試すのに時間がかかりますかね。)

かかった金額も300円位。(片方なら更に安くできます)

 

効果は完全ではないですが、それなりに満足できる結果となりました。

蓋を閉めるとき押し込むのが少しだけ硬くなりました。

本当はボディー側と蓋側の隙間がピッタリなくなるのがいいんでしょうが、調整が難しいです。(クッションテープが厚すぎると蓋を閉めるときに歪んでしまうので...。以前の失敗で体験済み。)

 

 

とりあえずこれで様子を見て、気になるようなら更に調整してみたいと思います。

後は耐久性も心配ですかね。

 

 

 

 

FK7「スロコン」


シビックハッチバックに取り付けたパーツです。

 

 

「スロコン(スロットルコントロール)」です。
f:id:snoopy_19780403:20200119182659j:image

Pivotの3-drive · EVO(3DE)です。

専用ハーネスと一緒に通販で購入しました。

※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

前々から気になってた商品でした。車を購入した担当営業さんからもいいみたいと聞いていたりもしました。(同店舗の工場の方もシビックハッチバックを乗っているらしく、おすすめしていたと!)

はじめのうちは、ノーマルのままでも満足していましたが、慣れてくると2,000回転以下がかったるく感じることも。

サブコンなど他にも気になる商品はありましたが、金額も割りと安めで、評価もそれなりにいいこちらのスロコンを取り付けて見ることにしました。

本当はもう少し暖かくなって、夏タイヤに履き替えてからと思ってましたが、通販のポイントがそれなりに貯まったので、早めに購入&取付しちゃいました。

価格も安くて電源もとる必要がないEVOにしました。

 

 

 

 

 

 

では、作業です。

①まずは開封

f:id:snoopy_19780403:20200119191948j:image

本体とハーネスです。

本体は思ったよりちゃちいと思いました。

※取付は説明書の通りで。

 

 

 

②まずはハーネスの取付
f:id:snoopy_19780403:20200119192005j:image

長さは約50cm

 

アクセルペダルの上のカプラに割り込ませます。
f:id:snoopy_19780403:20200119192317j:image

この位置は作業の体勢が大変です。(自分はマットに背中をつけて、足は車外に出して、ブリッジするように寝っ転がりながら作業しました。)

 

 

 

③続いて本体の設置
f:id:snoopy_19780403:20200119192029j:image

こちらもコードは約50cm

 

設置場所はセンターのこの部分(ナビの下)
f:id:snoopy_19780403:20200119192045j:image

最初は普通に下に置こうと思いましたが、ボタンが押しづらいので、横の壁に設置することにしました。

 

 

 

④配線の取り回しです。(写真はメーカーHPより拝借)
f:id:snoopy_19780403:20200119193430j:image

赤丸から橙丸までですが、最初は黄色のラインのようにペダル側から持ってこようとしましたが、ケーブルの長さが足りず断念...。

ならばと水色のラインのようにハンドルの下の方からにして、少しケーブルが余るくらいで丁度よく配線することができました。

(本体とハーネスで合わせて1mあれば大丈夫だと思ってましたが結構ギリギリでした。延長ケーブルを買えばかなり余裕でしょうが、余った配線を処理するのが面倒かな。お金もかかるし!?)

 

ちなみに、黄色の予定ルートはこんな感じでした。
f:id:snoopy_19780403:20200126145155j:image

壁沿いにずっと這わすには届かず、クラッチの後ろの方がショートカットして、届く感じでした。あと20cm長ければ届いたかな。

で、今回通した水色のラインです。
f:id:snoopy_19780403:20200126145234j:image

これなら平気でした。配線はパネルの裏側を通しました。少し余った配線もパネルの裏側にたるませて入れました。(余ったと言っても10cm短かったら微妙だったかと!?)

 

 

 

⑤設置完了です。
f:id:snoopy_19780403:20200119192102j:image
取り付けた位置がフラットではなかったので、両面テープを多めに使って一部をかさ上げしました。

※後は初期設定を説明書の通りすれば完成です。

 

 

 

 

 

取付時間は約40分。(すんなり作業ができれば20~30分位あれば終わるかと!?)

 

この後、近所を一回りしてきたら・・・!!!

ODBから配線しているレーダーが消えてることに気づきました。もしかして、同時装着で不具合!?と、思いましたが、そのような書き込みは見たことなかったので(軽く調べても同じ症状はなさそうなので)、ODBのハーネスを抜き差ししてみたら治りました。

配線した場所が近かったから、触ってしまって接触不良を起こしてしまっただけのようでした。

こんなこともあって、60~70分位作業をしてました。

 

 

効果はと言うと、まだいろいろと試せてはいませんが、設定をレスポンスモード2で走ってみて、違いがハッキリわかりました。2,000回転以下のかったるい感じがなくなりました。(例えるなら、ecoモードのボタンをONの時とOFFの時の違い位、つける前と後で違う感じです。)(2,000回転以下でも、2,000回転以上の加速感が出ているような感覚です。)

※あくまでも自分の感覚なので参考程度に...

 

一つ気になったのが、エンジンoffにしてもしばらくスロコンのモニターは表示されていてすぐに消えないことです。説明書にちゃんとその事が記載されていたので問題ないみたいですが、最初は気になってしまいました。(消えるまでにはそのときによって違うみたいですが、早いと40秒位。遅いと1分以上ついています。)ドアロックした後もついているので気になりました。

 

いつも通りすんなり作業が終わりませんてしたが、取り付けよかったと思います。満足しています。

 

 

 

 

これからもっと走ってみて、書けることがあれば追記したいと思います。

 

 

 

 

 

シビックハッチバックでセーフな事

 

シビックハッチバックでセーフだった事について書きたいと思います。

前回のブログで少し書いた事件(大げさ...)です。

の事です。

 

 

 

 

タイヤを夏タイヤからスタッドレスにはきかえた時の事です。

キャリパーを塗りながら、夏タイヤ&ホイールを掃除してました。

 

順調に作業をしてて、

四本目のタイヤを外すと...

 

!!!
f:id:snoopy_19780403:20191229231324j:image

何が刺さってる!

釘かな...。

 

場所的に修理も大丈夫そうな場所ではありますが...。

どこかに修理に持っていかなくてはと考えました。

でもその前に、パンクしてない可能性もまだあるので、チェックしてみることにしました。

 

まずは、空気圧を測ってみました。

結果は少し減っているけど、極端には減ってない!

もしかしたら平気かなと!?

 

次に釘が刺さった場所に、泡(ハンドソープ)を

f:id:snoopy_19780403:20191229231429j:image

平気そう!

※アウトだと、空気が漏れてるので、泡が大きくてなってくるはずですが、それがない。

 

安心しました。

 

 

 

ですが、釘は抜いておいた方がいいので、ラジオペンチで抜こうとしましたが、固くて抜けない。

ならばとニッパーを使って、やっと抜けました。f:id:snoopy_19780403:20191229231532j:image

釘だと思ってたのは、実は違って、ネジでした。

 

長さは約10mm。思ったより長いのが刺さってた。

 

 

抜いた場所は
f:id:snoopy_19780403:20191229231551j:image

刺さってた跡がハッキリとわかります。

念のためもう一度、泡でチェックしましたが、大丈夫そうでした。

 

 

セーフでした。

ヒヤッとした一瞬でした。

 

 

無駄な出費がかさまなくてよかったです。

 

 

FK7「キャリパー塗装」

 

シビックハッチバックの見た目をよくしてみました。

(自己満足です)

 

 

「キャリパー塗装」です。
f:id:snoopy_19780403:20191229223704j:image

専用の塗料ではなく、アサヒペンの油性スーパーコート/黄色を使用しました。(いわゆるペンキですね。)

 ※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

前車、前々車でも、同じペンキでキャリパーを塗っていたので今回も同じ種類のペンキを使って塗ることにしました。(今まで特に問題なかったので!)

で、迷ったのが色! 今までは赤で塗ってました。赤なら見た目もいいかと思いますが、今回のシビックハッチバックは、あえて赤を取り入れないで、カスタムしています。なので赤やめて何色にしようかと悩んだときに、NSXのオレンジのキャリパーをネット見て、これにしようと思いました。

オレンジのペンキがなかったので、黄色を買って今までの残りのを混ぜてオレンジに。

と、思っていたのですが、
f:id:snoopy_19780403:20191229225401j:image

赤ペンキが固まってました...。かなり古いのでしょうがない。

 

じゃ~、他で何色にするか考えて...。(2色買えばオレンジにも出来るのですが、二つ買うのはなんのなくもったいなくてやめました。)

次の候補は、黄緑。シビックハッチバックのコンセプトの時の色がこれだったはず。

が、黄緑のペンキはあったのですが、あまりきれいな色ではなかったのでこの色もやめました。(若草色:くすんだ黄緑でちょっとイメージと違ってた。ライトグリーン:売ってなかった...。)

で、最終的に決めた色は
f:id:snoopy_19780403:20191229230329j:image

黄色にしました。

※青とか水色とも思いましたが、車と同じ色もな~と思いやめました。

 

前から塗ろうとは思ってたのですが面倒でなかなか作業せず、結局寒くなってしまい、タイヤをスタッドレスに替えるタイミングで一緒に作業しました。

 

 

 

 

 

 

作業です。

①まずは材料を調達
f:id:snoopy_19780403:20191229230537j:image

左から二番目の筆と、三番目の黒いブラシと、一番右のブレーキクリーナは、家にあったもの(以前の残り物)

買った金額は全部で1,400円位。(ペンキ:600円。ブラシ:200円。筆:100円。ブレーキパーツクリーナ:500円。)

※買った筆と、家にあったブレーキクリーナと、黒のブラシは使いませんでした。

 



②ホイールを外して、まずは掃除からf:id:snoopy_19780403:20191229230659j:image

ブラシである程度キレイにしてから、f:id:snoopy_19780403:20191229230743j:image

ブレーキパーツクリーナで汚れを落とします。

酷いところは、ブラシ&ブレーキパーツクリーナで。

※納車して約1.5年。走行距離約10,000km。思ったより汚れていませんでした。

 

 

 

③掃除が終わったら、後は塗るだけ。
f:id:snoopy_19780403:20191229230758j:image

筆で、ペタペタぬります。

少し粘度が高かったので、塗りやすくするために、少しだけペイント薄め液を入れました。(これも家にあった)

f:id:snoopy_19780403:20191229230819j:image

一度目の塗りが終了です。

 

 

 

④乾かしてる間に外したホイールの掃除です。

掃除が終ったら、二度目の塗りです。

半乾きですが、待ってられなかったので、塗っちゃいます。
f:id:snoopy_19780403:20191229230835j:image

写真では違いがあまりわかりませんが、少し濃くなって、下地が目立ちづらくなりました。

 

 

 

⑤そしたらホイールを戻します。(本当は乾いてからの方がいいのですが、待ってられなかったので、ホイールが当たらないように気を付けながら戻しちゃって、次に行きました。)

これを4回繰り返しました。

※この時に事件(大げさ...)が!(詳しくは次のブログで)

 

 

 

⑥完成です。
f:id:snoopy_19780403:20191229230927j:image

↑フロント↑

↓リア↓
f:id:snoopy_19780403:20191229230940j:image

ビフォーは、今回ではなく、3月位の写真。(夏タイヤを外す→塗る→スタッドレス。だったので、同じホイールで比較擦るのに、以前の写真を使いました。)

 

少しアップで
f:id:snoopy_19780403:20191230161732j:image

↑フロント↑

↓リア↓

f:id:snoopy_19780403:20191230161747j:image

写真だと分かりにくいですが、結構適当に塗ったので、近くで見るのはNGです。(ムラがひどいし、結構はみ出してる)

 

少し引きぎみで
f:id:snoopy_19780403:20191229231004j:image

↑フロント↑

↓リア↓

f:id:snoopy_19780403:20191229231022j:image

これくらい離れれば、荒さが分かりにくいかな。

 

 

 

 

 

 

作業時間は、約4時間。

フロントは大きくて塗る面積が広いのですが、リアの方が形状が複雑で塗るのが大変でした。

見える部分を塗りました。(マスキングとかしていないので、塗らなくていい部分も結構はみ出してしまいました。)

一応、二度塗りはしていますが、半乾きで2回目を塗ったので、仕上がりはよくはないです。(乾くのを待ってられませんでした。この時期に乾くのを待ってから2回目を塗るとなるとかなりの時間がかかるかと思います。ホイールを戻したのも、塗った直後でしたし...。)

ペンキの量は1/12Lで十分たりました。(以前買った赤は1/5Lを買って、半分位は使わずに捨てるはめになってしまったので。前々車のフロントと、前車の前後を塗ってもかなりの余ってました)

 

見た目が少し派手になりましたが、スポーティーで格好よくなったかと思います。

 

 

 

 

使わなかった「シートカバー」

 

シビックハッチバックに取り付けようとして、取り付けなかったパーツです。

 

 

 

「シートカバー」です。
f:id:snoopy_19780403:20191223183152j:image

 

 

 

少し前のブログ「シビックハッチバックのパーツで...」で書いたシートカバーです。

 

今回シビックハッチバック用に購入しているパーツでの一番の失敗です。(購入したものの、イメージと違い、新たに購入したことによるお財布の大ダメージ!)

 

少しでも、お財布のたしになればと、今更ながらラクマを登録したので、出品しました。

 

 

興味ある方は、是非見て下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

海外仕様のシートカバーです。(販売元:イギリス)

運転席、助手席、後ろの席、ヘッドレスト×4、アームレストの一式になります。(セカイモンで購入)

 

フィッティングは、未知数。日本とイギリスの車とのシート形状が同じなのかもわかりません。(製造場所が同じだし、写真で見比べる限りは同じだろうで買っていますが...)

 

※当時は純正以外で専用品の販売がなく、購入したのですが、思ってたイメージと異なり、取り付けないでいたら、Autowearからも販売があり、そちらを購入&取り付けしてしまった為、こちらは取り付けしませんでした。


購入時のスクリーンショットは、青が紺色に近く見えますが、実際は他の写真のように明るい青でした。

質感は悪くはないのですが、日本の有名なメーカーのものに比べると劣る感じです。
※材質は多分座る面がフェイクレザー、裏面(後ろの席から見える面)が布系の素材です。

 

 

このままタンスの肥やしにしてても、もったいないので、ラクマで出品しました。

シビックハッチバック シートカバー」で検索すれば出てくると思いますので、興味あるかたは是非ご覧ください。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

写真一

f:id:snoopy_19780403:20191223184414j:image

運転席と助手席。片方は裏面。
背面と座面は繋がっています。

 

写真二
f:id:snoopy_19780403:20191223184629j:image
後ろの席は、背面左右と座面の3パーツ。

 

写真三
f:id:snoopy_19780403:20191223184631j:image

ヘッドレスト、アームレスト、取り付け金具、説明書(汎用の説明書です)

 

写真四
f:id:snoopy_19780403:20191223184701j:image
セカイモンスクリーンショット

 

ついでに
f:id:snoopy_19780403:20191223184729j:image

購入金額。(高かった...)