FK7「リアワイパーキャップ」2修正


シビックハッチバックに取り付けたパーツの補修です。
f:id:snoopy_19780403:20190803120310j:image

 

 

 

「リアワイパーキャップ」のを取付けた記事を先日書きました。

が、ワイパーキャップのネジ穴が深くシールテープを使って無理やり取り付けてました。

 

外れたら大変なので、その後たまににチェックをしてました。

軽く引っぱっても外れることはなかったのですが、少し強めに引っぱった時に外れてしまいました!

なので補修することにしました。

※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

作業です。

①まずは前回使ったシールテープをきれいに取りました。

 

 

 

②次に車のネジが奥まで届かないので、8mmを6mmにすればいいので、どうやってネジ穴を小さくするかを色々と考えて、調べました。
f:id:snoopy_19780403:20190805201209j:image

 

最初に思い付いたのは、口径変更できる金属があればよかったのですが、8mmから6mmにするのは見つけられませんでした。(あっても安くないとダメですが...)

 

次に思い付いたのは、半田で穴を埋めるでした。仮のネジを6mmに付けて、まで8mmのところに流し込むでした。

 

次に思い付いたのは、半田の変わりにグルーガンでした。

ただ、どっちにしても失敗したとき再利用はできなくなりそうなのでやめておくことにしました。

 

木材だと、爪楊枝を一緒にねじ込むなどもあるようですが、そういう系の何かないか探したら...

 

 

③ちょうどいいのを見つけました。

f:id:snoopy_19780403:20190803120356j:image

配線を保護するスパイラルチューブです。

これなら在庫があるし、タダ同然でできます。

 

 

④約1cmで切って、二重にして、ネジを締め込むと抵抗がありよさそうな感じになりました。(二重にしないで一重だとゆるゆるだった...)

f:id:snoopy_19780403:20190803120409j:image
なので二重で、一応接着剤でくっつけました。

 

 

⑤これをワイパーキャップの穴に積めます。
f:id:snoopy_19780403:20190803120423j:image

 

奥まで積めるとこんな感じ。
f:id:snoopy_19780403:20190803120435j:image

 

 

⑥後はワイパーのネジに締め込めば完成です。
f:id:snoopy_19780403:20190808112002j:image

 

 

 

おそらく、チューブを潰しながらねじ込んでいるので、かなり抵抗がありました。

付けた後は、力を入れて引っぱっても全然平気です。

これで安心出来るかと思います。(定期的にチェックはしますが)

 

 

 

 

作業時間は10分程度でしたが、考えている時間はかなりありました。

家にあるものでできたので安く(タダで)済みました。

 

 

 

 

FK7「給油口のビスの錆び」

 

給油口のビスの錆びについて書きたいと思います。

※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

給油口のビスが錆びてます。
f:id:snoopy_19780403:20190715184609j:image

 

 

 

納車されて一年ちょっとです。

実は6ヶ月点検の時も錆が出てきてて、その時に一応対応してもらっての再発です。(多分タッチアップしただけだと...)

みんカラを見てても、同じ症状の方が結構いるようです。

 

見てもらってもまた多分タッチアップするだけなので自分ですることにしました。

 

 

 

 

作業です。

①まずは紙ヤスリで錆を取れるだけ取りました。
f:id:snoopy_19780403:20190715184620j:image

形的に全ては無理でした...

 

 

②次に赤錆を黒錆びにする
f:id:snoopy_19780403:20190802074256j:image

ホルツのサビチェンジャー。※写真はメーカーより拝借。

(以前に買った残りがあったので)これを塗ろうとしましたが、使いきったのを忘れてました!

 

 

 

③なので黒のタッチアップでいきなり仕上げて

f:id:snoopy_19780403:20190715184646j:image

完成です。

 

 

 

 

 

また錆が浮いてきたら今度は錆止めもしっかりと塗ろうと思います。

 

誰かの書き込み(多分みんカラ)でここのネジを変えるのはかなり大変らしいです。なのでディーラーでもタッチアップなんですかね。

 

普段車を停めている場所は半屋根で、給油口の周りは基本濡れず、雨の日の走行か、洗車時位しか濡れないので、屋根のない場所に停めている方はもっと錆びやすかったりもするのでしょうか...

 

洗車後に給油口の蓋を開けると結構濡れてるので、水が入らないようにすれば少しはよくもなるのかな!?

と、余っていたゴムモールで対策してみようとしたけど、
f:id:snoopy_19780403:20190715184709j:image

蓋を閉めたとき、バランスの問題かガタつきてしまったのでとりあえずやめました。(蓋にゴムモールを付けたこの写真は失敗作)

 

 

時間があるときにゆっくり対策でも(ゴム系のモールを付けるだけだけど)してみようとは思ってます。

 

 

 

 

 

FK7「リアワイパーキャップ」2

 


シビックハッチバックに取り付けたパーツです。

 

 

「リアワイパーキャップ」です。
f:id:snoopy_19780403:20190713004557j:image
通販で購入しました。

FORTUNEのブラッククローム、ボールタイプの汎用品です。

※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

リアワイパーキャップは以前の記事でも書きましたが、

前々車からのお下がりを使ってました。
f:id:snoopy_19780403:20190714223612j:image

少しとんがっているタイプでしたが小さめなのは気に入ってたのですが、色がシルバーだったのでそれだけが少し気になってました。いつか塗ろうかとも思ってたのですが、結局買ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

作業です。

①といっても、いままでのを回して外して、新しいの回してつけるだけ。

なので、1~2分で終わるつもりでした。

が、新しいのが付かない...。

 

 

 

②どうやら買ったのはネジ穴が深くてシビックには合わないようです。
f:id:snoopy_19780403:20190722155717j:image

※お店の説明写真を拝借。

サイズをしっかり見ないで買った自分のせいです。

パット見は、普通に付きそうなんですが...。

 

 

 

③このままあきらめるのも嫌なので対策して付けてみることに!

6mmの所までネジが届かないので、8mmの所でとめられればいいのでこれを使いました。

f:id:snoopy_19780403:20190713215118j:image

シールテープです。

 

これをネジ部分に巻き付けて太くします。
f:id:snoopy_19780403:20190713215142j:image

この写真では全然足りないので、もっとたくさん巻きました。

 

ある程度巻いたら、キャップをねじ込み
f:id:snoopy_19780403:20190713215201j:image

出来上がり。

 

 

※取り付け後は、外れないか引っぱってみたりしましたが、大丈夫そうです。(たまに確認はしようと思ってます。)

 

 

 

 

 

作業時間は10分位でした。本当は1分で終わるつもりだったのに、思わぬ落とし穴がありました。

見た目はシルバーが黒になったので、目立たなく、しまった感じになりいい感じです。大きさは前回のより少し大きくなりましたが、色が黒なので気になりません。

自分的には黒にして正解でした。

 

 

FK7「シフトノブ 」2

 


シビックハッチバックに取り付けたパーツです。

 

 

「シフトノブ」です。
f:id:snoopy_19780403:20190706221220j:image

ヤフオクで購入しました。

VMS社 丸型 チタン調です。

※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

商品は「6MT VMS社 丸型 シフトノブ ホンダ 車 専用 1.5x10 チタン調」です。

 

商品説明は、

USマイアミのパーツショップVision Motor Sports/VMS社のアルミニウム製シフトノブ

適合:P1.5xM10mm (ほとんどのホンダのフロアMT車両に適合。OEM車除く)
材質:T6061アルミニウム製
重量:本体:約173g, ロックナット約12g
サイズ:直径 約47mm x 高さ 約50mm, ロックナット直径27x高さ10mm
その他:ネジの深さ30mm, 穴全体の深さ37mm

程より重量,大きさ,握りやすい形状で,非常に操作性の優れた実用的製品です

シフトパターンロックナット付き。シフトパターン「刻印」入りで車検も安心。

などなど...(一部省略)

 

載っていた写真は、
f:id:snoopy_19780403:20190705073717j:image

こんな感じ。 ※記載された写真を拝借。

 

ヤフオクで2,500円+送料(佐川急便で800円。レターパックだと510円。)でした。

 

 

 

去年の秋(約8ヶ月前)に、純正から社外品に交換していましたが、早くも2回目の交換です。

その時の記事がこれ↓

見た目、握り心地とも、気に入って問題なく使っていました。
f:id:snoopy_19780403:20190705075130j:image

が、一点だけ気になった箇所が!

 

無限と書かれていますがおそらく偽物。これは多分そうだろう知ってて買ったので気にしていませんでした。

気になったのは、取り付けにアダプターが必要なことです。

f:id:snoopy_19780403:20190705075552j:image

※写真は以前のものです。

汎用品なのでしょうがないのかな...。取り付けたときから緩まないか少し不安がありました。が、しっかり固定できて緩むことはなかったのですが、最近気づいたらシフトノブの向きが30度位回ってました。戻した後、普通に運転している分にはまた回ることはなさそうですが、何かの拍子に力が入ってしまうとまた回るってしまうんではと思い、アダプターのいらない今回の商品を購入しました。

※アダプターとシフトノブ側を接着剤等でしっかり固定して、シフトノブとシフトレバーも再度しっかり固定すれば動かないかもしれませんが試してはいません。

 

 

 

 

 

 

まえふりがかなり長くなりましたが、新しいシフトノブに交換する作業です。

①まずは今ついているシフトノブのを外します。
f:id:snoopy_19780403:20190713201237j:image

手前にタオルを敷いてるので真っ白!

 

※シーカーのシフトブーツカラーEvolutionが、前回シフトノブを交換した時につけているので、内張りを剥がしたりする作業は省略できます。

その時の記事です。

 

 

 

②二つの比較です。
f:id:snoopy_19780403:20190713201338j:image

左が今まで。右が新しい。

 

 

 

③今度は逆の手順で取り付けます。
f:id:snoopy_19780403:20190714223830j:image

あっという間に完成です。

 

付属していたロックナットは使用せず、シーカーのナットをそのまま使いました。(付属品を使い、シーカーのを外すとシフトブーツが固定できないので、そのままシーカーを使いました。シーカーも一緒に使えば付属品を使えますが、シフトノブの位置が高くなるので使いませんでした。)

 

 

 

 

④今までと比較です。

重さ
f:id:snoopy_19780403:20190709081755j:image

説明文と微妙な誤差はありますが、誤差範囲です。

今までのは、
f:id:snoopy_19780403:20190709082705j:image

純正に近い重さですかね。

 

高さ

f:id:snoopy_19780403:20190709082817j:image

純正は約120mm、前回のが約105mm。

今回のは約110mm。
f:id:snoopy_19780403:20190716210835j:image

前回のよりは若干高くなりました。

 

 

見た目

f:id:snoopy_19780403:20190709082850j:image

左が純正。右が前回の。

そしてこれが↓今回の。
f:id:snoopy_19780403:20190713215956j:image

純正よりは好きですが、見た目は前回の方が好みかな!

前回のは青系のグロスだったのに対して、今回のは紫が強い、セミグロスって感じです。

 

 

 

 

⑤使用感は、

今までのになれているのもあると思いますが、少し高くなった感じはします。ただ、すぐに慣れましたが。

 

 

 

 

 

 

 

作業時間は15分位だったかと思います。シーカーのシフトブーツカラーEvolutionがついていたので短時間で済みました。(前回同様、自分が写り混まないように写真を撮るのが大変でした...)

これで、シフトノブが回ることはネジが緩まない限りないとは思います。

 

 

ただ、前回の方が見た目が好みなので、アダプター部分を対策して元に戻そうかとも考え中...。

 

 

 

運転するときの靴(ドライビングシューズ)

 

運転するときの靴(ドライビングシューズ)について書きたいと思います。

 ※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

今まで運転するとき、靴はあまりこだわりなく履いてました。(乗ってた車がATだったのもあると思います。)

履いている靴が運転しにくい時は裸足で運転してたりもしました。(良くないのは知っていますが...)

 

 

ですが、シビックハッチバックに乗り換え、MTになり運転するときの靴も選ぶようになりました。
f:id:snoopy_19780403:20190705192127j:image

※一部の写真はwebで拝借。

 

 

 

 

 

普段からスニーカーを履くことが多いですが、スニーカーの中でも、運転しにくいものもあります。

それがこんな形の

f:id:snoopy_19780403:20190602153046j:image

※写真はメーカーHPより拝借。

パット見は普通ですが、かかとの部分が少し出っぱっています。(最近の流行りなのかこういうタイプのスニーカーが結構あります。)

 

自分の運転するときの足の動きは、両足とも踵を軸にペダルの移動をしているようなので、運転するときは不向きなようです。(踵を軸にペダルの操作をするから、フロアマットの一部がすぐに傷んでくる原因なんでしょうね...)

 

ですので、普段運転するときは靴を選んで出かけてました。(よく履く靴がわりと運転しやすいので実はあまり気にしてなかったりも...)

 

 

 

 

 

スキーに行くときはスノーブーツで行くのですが、さすがに運転しずらいので、運転しやすい靴に運転中だけ履き替えたりもしていました。

 

運転用の靴が欲しいと思い安いものを探し、PUMAのドリフトキャッスルを購入しようかと試し履きしたのですが、結構細身の靴なので自分の足にいまいちしっくり来ない...。

 

で、かわりに購入したのが「PUMA ONE 18.4 IT」です。

サイズ:27.5cm

色:BLACK-SILVER-RED-GUM(104558-04)

説明:サッカー インドア(アスファルト)トレーニングシューズ

f:id:snoopy_19780403:20190620080049j:image

PUMAはやはり細身の靴が多いので、これも普段27.0cmより少し大きめの27.5cmでした。

 

踵は丸みがあり、運転のし心地は普通です。※
f:id:snoopy_19780403:20190319063333j:image

靴を購入するときは、まず踵を見るようになりました。

※少し底が厚い感じで、もう少し薄い方が運転しやすいとは思います。なので普通にしました。厚さはすぐに慣れて何も感じなくはなりましたが...。

 

紐だと面倒なのでゴム紐に交換しました。
f:id:snoopy_19780403:20190319063344j:image

以前ブログで書いたこれです。

ゴム紐はその後もいろんな靴で使っていて、楽で気に入ってます。

 

が、この靴。運転中はいいのですが、普通に歩いているときは、少し細身なのと、まだ履きなれてないからか、足が少し疲れやすかったりもします。

 

 

 

 

 

また普段用にも、最近一足購入しました。
f:id:snoopy_19780403:20190620082243j:image

adidas「アディゼロ ベコジ M / ADIZERO BEKOJI M」です。26.5cm。(この靴は横幅が広いので普段より小さめで大丈夫でした。)

f:id:snoopy_19780403:20190620082300j:image

※写真はメーカーHPより拝借。

普段履き用ですが、運転のことも考えて購入しました。

踵が丸みをおびてて運転してて、気になることもなく、運転しやすいです。(PUMAよりこっちの方が運転しやすいかな!)

 

 

 

 

 

 

また、以前から持っている靴で何気に運転しやすいのが
f:id:snoopy_19780403:20190705193437j:image

ティンバーランドの折りたためる靴。※写真はwebから拝借。

普段あまり履いてなかったのですが、かさばらないので、スノーブーツとの履き替えで活躍してます。

 

 

 

また、ニューバランスのこれもいい感じ
f:id:snoopy_19780403:20190705193907j:image

※写真はwebから拝借。

ラフな格好で遊びに行き、たくさん動くときにメインに活躍してます。

でも結構ボロになってきたので、そろそろダメになるかな。

 

 

 

 

 

他にも何足か持っていますが「形状」「底の厚さ」「硬さ/柔らかさ」などで運転のしやすさが結構かわります。

 

 

 

皆さんは運転するとき限定の靴や、お気に入りの靴があったりしますでしょうか!?

 

 

 

 

FK7「ヒールパット」3

 

シビックハッチバックに取り付けたパーツです。

 

 

「ヒールパット」です。
f:id:snoopy_19780403:20190616141316j:image

早くも三個目です。今回は素材を柔らかいもので作ってみました。

 ※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

前回は固めのタイプの、これ↓を作りました。

使いはじめは硬いなと感じましたが、慣れると普通で特に問題なく使っていました。

サイズはA4位だったのですが、サイズが結構ギリギリだったりもしました。(マットの劣化を防止するサイズ的に)

もう少し大きくしたいなと思っており、先日アップした「リアの足元のプレート」で使用した、ラバーシート(ゴム系のシート)で、大きめのプレートを作ってみることにしました。

 

 

 

 

 

 

作業です。

①リアの足元のプレートと同じラバーシート(ゴム系のシート)を準備しました。

f:id:snoopy_19780403:20190613235819j:image

 

 

 

②ラバーシートに以前と同じ、マットと同じような柄をプリントしたシートを貼りました。
f:id:snoopy_19780403:20190613235832j:image

 

 

 

③マットのサイズに合わせてカットすれば、ほぼ完成です。
f:id:snoopy_19780403:20190616141316j:image

 

 

 

④ズレ防止のために裏側にベルクロを付けました。
f:id:snoopy_19780403:20190616141430j:image

ベルクロなしだとすぐにズレてしまいダメでした。

粘着付のベルクロを使いましたが、簡単に剥がれてしまい、またまたズレてしまいました。最終的にはベルクロが剥がれないように、ベルクロの粘着+瞬間接着剤を使いベルクロをラバーシートに固定しました。

これでなんとかズレなくなりました。(まだ長距離乗ってないので、まだズレるようならベルクロを増やす必要がありそうです。)

 

 

 

⑤マットの上に敷いたら出来上がりです。
f:id:snoopy_19780403:20190616141458j:image

前回の物より柔らかくなり、マットに近い感触になりました。

 

 

 

 

 

作業時間は30~40分位だったと思います。

大きくなり、踵で擦れやすい部分を余裕でカバーできるようになりました。

感触もマットに近くて違和感ないです。

ただ、汚れが目立つと言う欠点があります。(前回からですが...)

 

 

 

このヒールパツトもイマイチだったらまた次を考えます。

 

 

 

 

FK7「リアの足元プレート」


シビックハッチバックに取り付けたパーツです。

 

 

「リアの足元のプレート」です。
f:id:snoopy_19780403:20190606134453j:image
ここもスカッフプレートの一部ですかね!?
f:id:snoopy_19780403:20190618074449j:image

ここの三角の部分です。

※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

少し前の記事でスカッフプレートのことを書きましたが

実はこの三角の部分の方が傷が気になってました。f:id:snoopy_19780403:20190511164629j:image

子供が乗り降りするときに靴を擦るみたいです。

ここに被せるカバーも売ってたりしますが、好みの色じゃなかったり、値段もそこまで安くはないので買うのもな~と思ってました。

じゃ~いつものようにシートを貼ってみようと!

 

 

 

 

 

作業です。

①型養生テープで取っています。f:id:snoopy_19780403:20190511164646j:image

本当は貼りたい部分を外して作業した方が綺麗に貼れると思いますが面倒なので(はずしかたもよくわからないし)、シートを巻き込んだりはせずに表面だけに貼ることにしました。

 

 

 

②黒系のシートに型を当てて、

f:id:snoopy_19780403:20190511164705j:image

切れば
f:id:snoopy_19780403:20190511164717j:image

出来上がり。

 

 

 

③これを貼れば完成。
f:id:snoopy_19780403:20190511164610j:image

なのですが、プレートの表面がざらついているのと、表面だけの施工でも少し湾曲しているので、貼ったときは大丈夫でしたが、翌日見るとシートが浮いてきてました...。(シートを少し伸ばしながら貼っていたので、その時点で多分ダメだろうなと思って作業してたので、やっぱりと言う感じでした。)

 

 

 

④浮いてしまったシートでは見た目が悪いのですぐに剥がしました。その剥がしたシートを型紙に今度は他の方法で試してみることにしました。

準備したのはラバーシート(ゴム系のシート)です。

f:id:snoopy_19780403:20190613235527j:image

1mm厚位のものです。

 

 

⑤これにカーボン調のシートを貼って、剥がしたシートを型紙にしてカットすればゴムマット系プレートが完成です。
f:id:snoopy_19780403:20190602152916j:image

シートより更に微妙に調整して切りました。

 

 

 

⑥車に敷いたら今度こそ完成です。
f:id:snoopy_19780403:20190602152930j:image

ただ置いてあるだけなので、足を引っ掻けたら簡単にズレちゃいそうですが、今のところは平気そうです。頻繁にズレるようなら、裏側に少し両面テープを付けようかと思っています。

※いつかは足を引っ掻けてズレると思うので先に対策しておいてもいいかなぁ。

 

 

 

 

 

作業時間は、30分位だったかな!?

養生の型紙に5分位、シートを切るのに5分位、貼るのに10分位。一度剥がして。ラバーシートにシートを貼るので5分位、剥がしたシートを型紙にラバーシートを切るのに5分位。最後は置くだけなので1分!

材料の準備等を考えたらもっとかかっているけど...

 

 

 

思ったより浮いたりしなくて、いい感じに収まったと思います。見た目もまーまーいい感じだと思います。

今回作ったのは運転席側だけなので、助手席側をどうするかは考え中。あとは前をどうするか。ただ前に置く場合は両面テープ等で固定しないと絶対無理だろうな...。