FK7「リアの足元プレート」


シビックハッチバックに取り付けたパーツです。

 

 

「リアの足元のプレート」です。
f:id:snoopy_19780403:20190606134453j:image
ここもスカッフプレートの一部ですかね!?
f:id:snoopy_19780403:20190618074449j:image

ここの三角の部分です。

※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

少し前の記事でスカッフプレートのことを書きましたが

実はこの三角の部分の方が傷が気になってました。f:id:snoopy_19780403:20190511164629j:image

子供が乗り降りするときに靴を擦るみたいです。

ここに被せるカバーも売ってたりしますが、好みの色じゃなかったり、値段もそこまで安くはないので買うのもな~と思ってました。

じゃ~いつものようにシートを貼ってみようと!

 

 

 

 

 

作業です。

①型養生テープで取っています。f:id:snoopy_19780403:20190511164646j:image

本当は貼りたい部分を外して作業した方が綺麗に貼れると思いますが面倒なので(はずしかたもよくわからないし)、シートを巻き込んだりはせずに表面だけに貼ることにしました。

 

 

 

②黒系のシートに型を当てて、

f:id:snoopy_19780403:20190511164705j:image

切れば
f:id:snoopy_19780403:20190511164717j:image

出来上がり。

 

 

 

③これを貼れば完成。
f:id:snoopy_19780403:20190511164610j:image

なのですが、プレートの表面がざらついているのと、表面だけの施工でも少し湾曲しているので、貼ったときは大丈夫でしたが、翌日見るとシートが浮いてきてました...。(シートを少し伸ばしながら貼っていたので、その時点で多分ダメだろうなと思って作業してたので、やっぱりと言う感じでした。)

 

 

 

④浮いてしまったシートでは見た目が悪いのですぐに剥がしました。その剥がしたシートを型紙に今度は他の方法で試してみることにしました。

準備したのはラバーシート(ゴム系のシート)です。

f:id:snoopy_19780403:20190613235527j:image

1mm厚位のものです。

 

 

⑤これにカーボン調のシートを貼って、剥がしたシートを型紙にしてカットすればゴムマット系プレートが完成です。
f:id:snoopy_19780403:20190602152916j:image

シートより更に微妙に調整して切りました。

 

 

 

⑥車に敷いたら今度こそ完成です。
f:id:snoopy_19780403:20190602152930j:image

ただ置いてあるだけなので、足を引っ掻けたら簡単にズレちゃいそうですが、今のところは平気そうです。頻繁にズレるようなら、裏側に少し両面テープを付けようかと思っています。

※いつかは足を引っ掻けてズレると思うので先に対策しておいてもいいかなぁ。

 

 

 

 

 

作業時間は、30分位だったかな!?

養生の型紙に5分位、シートを切るのに5分位、貼るのに10分位。一度剥がして。ラバーシートにシートを貼るので5分位、剥がしたシートを型紙にラバーシートを切るのに5分位。最後は置くだけなので1分!

材料の準備等を考えたらもっとかかっているけど...

 

 

 

思ったより浮いたりしなくて、いい感じに収まったと思います。見た目もまーまーいい感じだと思います。

今回作ったのは運転席側だけなので、助手席側をどうするかは考え中。あとは前をどうするか。ただ前に置く場合は両面テープ等で固定しないと絶対無理だろうな...。

 

 

 

 

シビックハッチバック 吸気について

 

シビックハッチバックの吸気について気になったので書いてみたいと思います。

※なんとなくの知識で書いているので、あっているか...。間違えているかも...。

 

 

 

 

車をいじる参考にみんカラをよく見てます。

吸気の定番はエアクリの交換ですかね。

前々車のフィットではエアクリをキノコタイプに変更してました。(たしかZERO1000)

前車のステップワゴンスパーダでは純正交換のタイプにしていました。

 

前々車フィットの時はむき出しタイプだったので、吸気温度が高いと出だしがもたつくと何かで読み(実際そうだったかな...)、吸気温対策でエアダクトを引いたりもしてました。

実際エアダクトを引くことにより、温度が下がるのが早くなったと思います。

 

 

 

で、シビックハッチバック。外気温に対しての吸気温度が少し高いなと最近感じました。
f:id:snoopy_19780403:20190604185338j:image

メーター内の外気温計と、レーダーの吸気温度です。

少し走った後です。

左がメーター内の外気温で「25℃」。右がコムテックのレーダーに表示されている吸気温度で「52℃」。(ODBⅡに接続しての情報)

温度差が27℃になります。(しばらく走って止まって、エンジンルームが熱いうちにスタートするときは、外気温より30℃以上高かったりして、走り出してもなかなか吸気温度が下がらない感じです。)

普段あまり気にしてないから正確にはわかりませんが、普通に流れて走行してても、外気温よりプラス20℃位が最低の温度かと。

(フィットに乗っていた時は外気温プラス10℃位で、走り出してから温度が下がるのももっと早かったと思います。)

 

※NAと違ってターボの場合、町乗りだと吸気温は関係ないなどの書き込みを見たりもするのですが、実際はどうなんでしょうか...。

 

 

 

 

 

で、シビックハッチバックの吸気ルートを見てみます。
f:id:snoopy_19780403:20190603203036j:image

ボンネットを開けると、右側の方にエア導入口があり、カバーの穴の空いている部分から空気が入って来るのかな。

 

 

空気はグリルから入って

f:id:snoopy_19780403:20190602143759j:image

主に右側の方からですかね。

 

 

覗いてみても
f:id:snoopy_19780403:20190602143847j:image

直接、カバーの穴に空気が流れるのではなく、ラジエーターの隙間から流れていく感じですかね。

 

 

そしてこの穴から空気が出てきて導入口に行くのかと思ったら...
f:id:snoopy_19780403:20190602143907j:image

穴の空いているカバーにうっすらと跡が!

 

 

ボンネット側を見てみると
f:id:snoopy_19780403:20190602143924j:image

更にこんな空気の通り道を作る柔らかい部品がついてました。

 

これによりおそらく、穴から出てきた空気が直接導入口に向かわない用にしている感じです。

 

もしかしたらこれを取っちゃえば空気の流れがよくなり、冷えやすくなるのかとも思ったけど、何か理由があるからつけているのかなと思い、はずすのはやめました。

 

 

 

 

 

結果。

なにもしていません。

何かしてみようか考えてもいますが、必要ないのかとも思っていたりします。

どうしようかな...。

 

 

 

 

 

FK7「足回り変更後について」

 

少し前のブログで、ホイールとサスペンションを交換したことを書きました。

その時の記事がこれら。

↑ホイール ↓サスペンション

 

同じタイミングでの交換だったので、それぞれの比較はできませんが、以前書いた記事にもう少しプラスして書きたいと思うので参考になればと。

※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:snoopy_19780403:20190320202036j:image

では早速。

 

①ホイールの色

ブロンズ系のホイールは好みがあるかとは思います。自分も結構迷いました。無難に黒系にしようと思いましたが、普通でつまらないなと思い、これになりました。ショップで最初に色を話したとき、シブイ色を選びましたねと言われました。

ブロンズ(ゴールド)系=スバル車のイメージが結構あるようでした。

確かに自分の中でもインプレッサWRXのイメージが強いです。車の色もそうですし、結構好きな時期もあったので、この色の組み合わせはありだと思ってます。

センターキャップは見る角度によっては赤っぽく見えます。
f:id:snoopy_19780403:20190510080421j:image
薄いゴールドor黒にした方がよかったかなとも思っていますが、高いので買い換えは...。今度黒のシートでも貼ってみようかな!

 

 

 

②ホイールの形

ホイールを選ぶにあたり、なるべく掃除しやすい形状で好みのデザインがいいと思い選びました。(スタッドレス用は似ているとつまらないので掃除が面倒なデザインにしちゃいましたが...)

f:id:snoopy_19780403:20190320204631j:image

車をどのようにいじるかは、人それぞれあると思いますが、自分は最近「シンプルに格好よく」を基準にしてます。ホイールのRZⅡもいいですが、RZのつるっとしたデザインの方が自分好みでした。

 

 

 

③ホイールのサイズ(18×8.5J+51)

大きいと思っていた18インチも、見慣れると普通になってきます。(最近では普通だったりもしますが。)ですか純正タイヤを使いたかったのと、今後のコスパを考えると自分的には問題なし。

インセットは+51で、収まりも問題なし。この仕様でディーラー点検にも行ってますが、なんも触れられませんでした。
f:id:snoopy_19780403:20190510080710j:image

左がリア。右がフロント。

リアは余裕ですかね。フロントはもう少しなら出せそうな...。+45のGTRデザインでも平気そうですが、微妙すぎでディーラー等に指摘されても嫌なので。

 

 

 

④ローダウン

ほどよく落ちてます。(30mm前後)これも見慣れるともう少し落としたくもなります。フロントよりもリアが下がったので、フロントももう少し下がったらよかったです。
f:id:snoopy_19780403:20190510181947j:image

このくらいのローダウンであれば、普通に走る分には特に問題ありません。

ただ、たまに背の高い車止めのときにどこかスル音がするときがあるのと、自宅の車庫が傾斜になっているので、フロントタイヤが傾斜を降りたと同時にブレーキを強く踏むと、前が沈みこんでバンパーの下をスルことがたまにあります。(前者のステップワゴンの時もそうでしたが...)

 

 

 

⑤乗り心地

全然問題ありません。純正とほぼ変わらないと思います。前車のステップワゴンスパーダの時より全然いいです。(車高調で約50mmダウンしてましたが)

 

 

 

⑥その他

ローダウンした翌週にアライメントをとりました。

シビックが調整できるのはトウだけで、基準に合わせてもらいました。

見た目でリアのキャンバーがつきました。基準は-1位ですが-2位になりました。(フロントはあまり変わらず)

すごいハの字ではないですが以前よりはハになったなと見た目でなんとなくわかります。

※あまり詳しくないので間違えているかも...。

 

 

 

 

 

と、ざっくりですがこんな感じです。

対した記事ではないですが、参考になれば。

 

 

 

 

 

ちなみに予算も予定よりかなりのオーバーしてしまいました。(スタッドレス&ホイール、夏用ホイール、サスペンションで)ただ、純正ホイールが売れて予算の足しになったのでよかったです。

 

 

 

FK7「リレーアタック対策ポーチ」

 

シビックハッチバックで使用しているグッズです。

 

 

「リレーアタック対策ポーチ」です。

f:id:snoopy_19780403:20190519143754j:image

通販で購入しました。

茶色の大きめ横。紫の大きめ縦。カーボン調の小さめ縦。

 ※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

テレビ、ネットのニュースを見て、予防のために購入しました。

 

自分の使い方は、普段家で鍵を保管しておくときに入れようと思っていたので、少し大きめのポーチを買い、キーケースごと入れて保管していました。(スペアのは小さくてもよかったのですが、大きめのが安かったのでどうせ保管するだけなので大きいのを購入)

普段使う鍵と、スペアとで、茶色と紫のポーチを使ってました。

※話はそれますが、最近の鍵はメインもスペアも同じなんですね!納車の時にどっちがメインか聞いたら同じですと言われちゃいました。前の車も一緒だったのかよく覚えてないですが...。

 

スペアはポーチに入れっぱなしで基本ずっとしまってあり、メインは出掛けるときにポーチからキーケースを出して使ってました。

f:id:snoopy_19780403:20190519143807j:image

なので予防してたのは家だけでした。

 

出先でもいちいち出し入れしてたら、面倒だからと言うのもあります。

 

 

 

 

なのですが、予防のためには出掛けるときも対策できてた方がいいかと思い、持ち歩きようにもう少しちいさいポーチを購入しました。

f:id:snoopy_19780403:20190519143820j:image

最初はキーケースごと入れられて、小さいポーチがいいと思い、このカーボン調を購入しましたがキーケースごとは無理でした...。(無理ありなら入らないことは無さそうですが、何度も出し入れすることを考えキーケースごとは諦めました)

なので、ポーチに直接鍵を入れて使います。ポーチにチェーンがついてましたが、蓋を閉めるときに少し閉めずらかったので、紐に変えました。

 

予防のために今後はこっちをメインで持ち歩きかな!?

 

 

 

効果は蓋をしっかりと閉めれば、解錠&施錠できなくなりました。

 

 

 

 

FK7「スカッフプレート」


シビックハッチバックに取り付けたパーツです。

 

 

「スカッフプレート」です。(というかシートです。)
f:id:snoopy_19780403:20190511164140j:image

カッティングシートなどを使い自作しました。

※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

付けるつもりはなかったのですが、みんカラで皆さんのレビューを見ていると付けたくなってきちゃいました。ですが、純正や無限は結構高い...。

汎用品では安いのがあったりしますが、サイズが...。

そういえば、前々車フィット時はシートを貼っていた記憶が...。(前車ステップワゴンスパーダの時は何もしてませんでしたが)

ならば作っちゃおう!

 

 

 

 

と言うことで、作業です。

①まずは材料の準備
f:id:snoopy_19780403:20190511164232j:image

カーボン調のシートと、透明の吸着シートを準備しました。(シールをそのまま貼っちゃうと剥がしたいとき剥がれない可能性があるので。)

 

 

 

②吸着シートの上にカーボン調シートを貼ります。

f:id:snoopy_19780403:20190511164246j:image

必要な分だけ、帯状に貼りました。

 

 

 

③サイズにカットします。

f:id:snoopy_19780403:20190511164140j:image

段差があるので、太いのと細いのを作ります。

フロントは、600×35、600×15。

リアは、350×35、350×15。

 

 

④剥がれ防止のために角をRに。f:id:snoopy_19780403:20190511164312j:image

角を丸くする爪切りみたいなのを使いました。(シートだと切りづらいです)

 

 

 

⑤後は貼るだけです。

軽く水拭きして、乾拭きしてから貼りました。
f:id:snoopy_19780403:20190512180548j:image

フロント側 ↑before ↓after
f:id:snoopy_19780403:20190512180606j:image


f:id:snoopy_19780403:20190512180625j:image

リア側 ↑before ↓after

f:id:snoopy_19780403:20190512180639j:image

完成です。

 

 

 

 

作業時間は1時間かかりませんでした。

 

傷の防止になって、見た目もいい感じかと思います。

(もう少し長さがあってもよかったかなと...。)

傷はどちらかと言うとプラスチックの部分の方が気になりそうです。特にリア側は子供が乗り降りするときに踏んだりしてるみたいなので!

(今度、後ろの三角のプラスチックの部分だけでも何か対策使用かな。プラスチックの部分に被せるようのカバーが売っているけど、色がシルバーだからな~...)

 

 

 

FK7「ロードノイズ低減セット ラゲッジルーム用」

 

シビックハッチバックに取り付けたパーツです。

 

 

ロードノイズ低減セット ラゲッジルーム用」です。
f:id:snoopy_19780403:20190511130756j:image

エーモンの静音計画/ITEM No2691です。

ラゲッジルームを叩いた時の反響が気になったので取り付けてみました。

 ※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

普通に走行しているときは気になりませんでしたが、ラゲッジルームの整理をしたとき、音が響くなと感じたので取り付けてみることにしました。

その時の記事がこれ↑

ラゲッジルームのマットの上からポンとたたくと、音がすごく響きました。

 

低減セットは少し前に買っていたのですが、寒かったので手付かずでした。暖かくなったのでやっとやることにしました。

 

 

 

 

 

 

作業です。

①まずは、積んでいる物を下ろしてf:id:snoopy_19780403:20190511130952j:image

ラゲッジルームの下の荷物入れスペースを開きます。

更に発泡トレイも外したら準備完了です。
f:id:snoopy_19780403:20190511131007j:image

軽く水拭きしました。

 

 

 

②音が響くところを探りながらダンピングシートを貼る位置を決めていきます。

f:id:snoopy_19780403:20190511131025j:image

ざっくりこんな感じの予定。

座席側より、後ろの方が音が響く感じだったので後ろの方をメインに貼って行きます。

 

 

 

③位置を決めたら貼っていきます。

f:id:snoopy_19780403:20190511131043j:image

スキージーを使いました。(強く押してゴシゴシすると糊がはみ出て来たので押しすぎ注意かな!)

 

 

 

④ちゃちゃっと貼り終わりました。

f:id:snoopy_19780403:20190511131128j:image

中央より少し上の、元々何か貼ってある辺りも音が響くと思いましたが、ダンピングシートを貼るのはやめて、以前買って残っていた

f:id:snoopy_19780403:20190511145511j:image

オトナシートを貼ることにしました。

 

 

 

⑤オトナシートを貼りました。

f:id:snoopy_19780403:20190511131146j:image

が、古すぎて、粘着がつかない&簡単にシートが切れてしまう。(これは元々なのか不明)

何せ、前々車のフィットをいじっている時に買ったもので、10年以上前のものなので...。

写真ではついてるようにも見えますが、ほぼついてなくて置いてあるだけ。なので結局これはとりました。(何も着けませんでした。ダンピングシートがもう少しほしいですね)

 

 

 

⑥後は吸音材を適当な形に切って
f:id:snoopy_19780403:20190511131211j:image

敷いて、発泡トレイを戻したら完成です。

f:id:snoopy_19780403:20190511131316j:image

切って余った吸音材を隙間に適当に積めました。

(写真にはないですが、左右上の三角部分、左右の隙間にも適当に積めました)

 

 

 

⑦完成しましたが、吸音材のボリュームで

f:id:snoopy_19780403:20190511131544j:image

荷物入れスペースの蓋が少し浮いてしまいます。

(上が浮いている状態。下が手で押し付けて隙間をなくしている状態。)

最初は吸音材をトレイより大きくカットしてましたが、浮きが出たのでトレイと同じくらいのサイズにしましたが、結局浮いたままでした...。

 

でも、この上にラゲッジマットを敷けば浮きはわからなくなるので気にしないことにしました。

 

 

 



作業時間は約1時間でした。

ダンピングシートを貼るのはすぐに終わったのですが、吸音材を敷くのに少し時間がかかりました。(浮きがあったので浮かないように調整しようとしたため)あと、つかなかったオトナシートの時間が無駄でした。

すんなり終われば40分くらいで終わったかと。

 

 

効果は、マットの上を叩いても音が反響しなくなりました。

ただ走行中は、これをやる前から音が気になることがなかったので(運転しながらも、後ろに座っている妻も、気にしてませんでした。)作業後も特に何も感じなかったと言うのが正直なとこです。

 

やらないよりはやった方が静かになっただろうと言う自己満足になりました。

 

 

 

 

 

アクションカム「HDR-AS300」 風対策

 

アクションカム「HDR-AS300」に風切り音の対策をしてみました。

※参考にされる方は自己責任でお願いします。

 

 

使いはじめてまだそんなに月日は経っていませんが、屋外で風があると風切り音が気になります。

 

音質を考えると、後付けマイクに風防がいいのでしょうが、マイクを買おうかは迷い中...。(裏蓋開けてコードをつけるのが嫌だなと...)

 

この機種でマイクを付けずに風切り音の対策を検索してみると、同じ悩みを持っている人もいるみたいで、それを真似て見ることにしました。

 

 

 

 

 

では早速。

①最初から完成写真です。

f:id:snoopy_19780403:20190427192234j:image

アゴムを付けただけです。

 

 

 

②使かったのはこんなのです。
f:id:snoopy_19780403:20190427192251j:image

これの白を使いました。

100円ショップで購入。(各色4個づつ入ってました)

 

 

 

③わかりやすいようにピンクを巻くとこんな感じ。
f:id:snoopy_19780403:20190427192347j:image

色つきだと目立ちます。

 

 

④比較の動画も撮ってみました。

卓上扇風機の前に三脚で立てて、近くで「ふかふかかふか」の音楽(LOTTEのキャンディのプロモーション動画です。子供が泣きやむ動画で有名なやつで、うちの子供も好きな動画の音楽です。)を流してみました。途中でヘアゴムを付けてます。(機械についている風音低減もonとoff両方撮ってみました。)

 

風音低減:off

 

風音低減:on

 

アゴムはありとなしで全然違います。風音低減はonでもoffでも風が強いとほとんど差がないように感じます。

 

 

 

 

 

簡単にできる対策としてはいいと思います。

100円ショップでヘアゴムがなかなかなくて、見つけるのが大変だったりも...。

このあとも、外で撮影したりしてますが、風が強いとやはり風切り音が入ってしまいますが、実験のようにないよりはいいかと思います。

しばらくこれで使ってみて、風切り音がまだ気になるようなら更なる対策をしたいと思います。